仕事納め

今日で2017年の営業も最終日です。

新年は明けて1月5日金曜日からの営業になります。

今年はおかげさまで良い一年だったように思います。

2018年も良い年になりそうです。

それでは良いお年を。

権限委譲と小学生のおつかい

権限委譲というか、仕事を任せるのってとかく難しい。
なかなか任せきれないし仕事はどんどん増えるしで、今みたいな年末とか忙しい時期はもうたいへん。

まかせてはいるのだけれど、仕事の量が多すぎたりして、零細企業だと

「ちょっと社長、これお願いします」
とか
「社長、これだけお客様のところに納品してください」
とか
「係長!この見積もりだけお願いします!」
というようなことはよくある。

社長が部長でも課長でもまぁ、だれでもいいです。

とにかく権限を委譲されている部下の仕事がいっぱいいっぱいだったり、業務フローが溢れちゃったりするのは、人数が有限だし、年がら年中忙しいわけではないので、そういう時期もあるということですな。

そんなときに自分があえてやるのは

「小学生のおつかい」なみのことしかしない。ということです。

「コピーしておいてください」と言われたらコピーするだけ。

綴るとか製本するとかソートするとかいっさい気が利いたことはしない。

理由は「自分で気がついてほしい」からです。

あと、権限を委譲している以上、現場仕事のやり方であるとか進め方は本人が一番わかっているはずです。

イレギュラーに仕事を振られた自分(ここでは上司)が「ん?なんかへんだな?」と思ってもあえてそこは聞かずに我慢する。

(もちろん、お客様に迷惑がかかったり、取り戻せないような失敗に繋がりそうなときは除く)

結果として

「課長、なんでこうしてくれなかったんだろう」

「部長、もっと気を利かせてくれてもいいのに。」

なんてことになったりするのですが、それはそのまんま自分の仕事にフィードバックさせてもらえると嬉しいし、

できるだけ自分で気がついてほしいと思うのです。

「頼み方がいけなかったな」とか「もっと具体的に伝えておくべきだったな」とか
いつか自分が教える立場になるときのための練習というか経験を積んでもらえるとありがたいわけですよ。

権限を委譲している以上、立場上上に立つものは、なんかお願い事をされたときには「小学生のおつかい」以上のことをしたらアカンと思うのですよ。

そりゃあ、上司ですから、こうしほうがいいだの、あーしたほうがいいだの、アレやコレや、いろいろ言いたくもなるわけですよ。

いわなくても、これもしておこうとか、あれもやっておくといいな、とか先回り的なことをついついしてしまうわけです。

でも、言ってしまうとね、権限委譲なんてのは結局いつまでたっても出来ない。

やってみせるのは権限委譲する前にやることで、山本五十六さんがいうところの

「やってみせ、言って聞かせ、させてみせ、褒めてやらねば人は動かじ」

は上司と部下の関係であって、

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」

ときて、

「うむ、彼も育ったなぁ、そろそろ仕事を任せてみるか!」と権限委譲したあとは

「やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」

としめているわけですよ。

現場のことは現場に任せる。

そんなわけで今日も小学生のおつかいをするわけです。

建築・建材展 | 建材や設備に関する総合展示会

情報源: 建築・建材展 | 建材や設備に関する総合展示会

年に3回は上京して展示会などを見学する予定を組んだりしています。

今年は建築・建材展行くことができなかったので、来年は行く予定。

いろいろな展示会で実物を見たり、最先端の商材なんかを見ていると、これからの戦略であるとか商売のやり方についていろいろ思考を巡らすことに刺激があるのです。

関心が強いのは物流とあと3DとかVRです。

特にVRは、これからの流通とか小売を変えていくのは間違いないですよね。

セキスイハウスもそのような試みを全国の展示会場で実施するそうです。

スマートフォン(スマホ)を差し込むと室内空間が立体的にみえるメガネを開発。

なんて書いてますけど、これってやろうと思えばある程度のものであれば格好低予算で実施できるように思えますし、

事例が増えていくことで低コスト化も進んでいくと思います。

すでにこのようなサービスも登場しています。

2018年もいろいろと始まる面白い年になりそうですね。

ブックマークしているサイトのみの検索結果を表示する機能拡張

があればいいのになぁ、と思っています。

パーソナルブロックリストというChlomeの拡張機能をつかっていて、今のところ245個のドメインを弾くように登録しているのですが、なんというか役に立たないまとめサイトとかアフィリエイト目的の内容の薄いサイトをドメインごと検索結果から消え去るので、それはそれで便利なのですが、いかんせんそのようなスパムサイトは次から次に生まれてくるので、どうしてもイタチごっこになってしまうのです。

それならむしろ自分で検索するサイトを指定して、その中だけでの検索結果を表示してくれればいいのに、と思い、そのような拡張機能がないか探してみたのですが、見つかりませんでした。(残念)

自分にプログラミング能力があれば自作するんだけどな。

インターネットにはそれはもうたくさんのコンテンツがあるわけですが、検索したときに役に立たないページや、単に二次情報をまとめただけのページもたくさんあります。

あれもこれもチェックするわけにもいきませんので、最初から役立たないサイトは表示しないように設定しているとストレスもたまりません。

ちなみにパーソナルブロックリストに登録しているドメインは12月16日現在以下のとおりです。

1kampo.com
1kando.com
24h.aratana.jp
30sman.com
alfalfalfa.com
anigad.link
asajikan.jp
babytown.jp
be-health.net
bitzedge.net
biz-journal.jp
bizkeigo.koakishiki.com
blog.esuteru.com
bokopan2ch.jp
buzz-plus.com
buzzgeekmagazine.com
checkmate-blog.com
chuumoku-news.com
college2ch.blomaga.jp
concept-trade.net
da-inn.com
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
dietbook.biz
e-healthnet.mhlw.go.jp
e-jyouhou.com
enta-tubo.com
fta7.jp
fuminners.jp
gahaku.co.jp
gari-wasabi.com
genkiplaza.or.jp
girl.sugoren.com
give-counsel.com
google.co.jp
guppy.a-ch.net
hakuraidou.com
hapila.jp
hayabusa8.2ch.net
hb-l.net
he-fumu.com
highlite.jp
home.kingsoft.jp
igot-it.com
ikejo.net
imashun-navi.com
ironna.jp
ja-jp.facebook.com
jin115.com
johnnys-watcher.net
josei-bigaku.jp
kaola.jp
karada-no-itami.com
kaumo.jp
kazokuchannel.doorblog.jp
kijyomono.blog.jp
kinkameakb48.2chblog.jp
kn00.com
komachi.yomiuri.co.jp
komesan.co.jp
konatoki.com
kosodatech.blog133.fc2.com
kosodategaido.com
kurashism.com
kzm91989.com
labaq.com
ldlchollv-dwn.info
logmi.jp
lsc-gold.com
luci.co.jp
macckey.com
manzana.jp
matome.naver.jp
medical-checkup.info
mental-effect.com
mobile-twitter.jp
moomii.jp
moon-lights.jp
motomerare.com
mu4us.com
n2ch.net
nanisore-club.com
navi-antenna.net
netadon.net
netgeek.biz
neutral-fat.com
news.ameba.jp
news.biglobe.ne.jp
news.livedoor.com
news.merumo.ne.jp
okutta.blog.jp
omoshiroi-zatsugaku.com
onayami-iroha.com
onayami-solution.com
oshiete.goo.ne.jp
otoko-class.com
otokogipress.com
papimami.jp
psychology-japan.com
recycleshop-ecolife.com
ren-ai.jp
retrip.jp
risounokareshi.com
roomie.jp
saikyo-jump.com
sarattosokuhou.com
season-disease.com
seikatsuno-kininaruki.com
shiba.2ch.net
shigotoup.com
shunnoshun.com
siromama.com
sp.starblog.jp
spotlight-media.jp
stretchpole-blog.com
subcul.88ch.net
suimin.net
swipp.jp
t-castam.com
t-proj.com
tabi-labo.com
tamae.2ch.net
tatujin.net
terumi.hyoutansui.net
the5seconds.com
thechange.jp
tikyuutabi.sakura.ne.jp
tnjs.jp
tokutei-kenshin.com
tokutyou.com
trend-news-today.com
trivia-kgs.com
twintailsokuhou.blog.jp
twitter.jp
utuyoiro.net
viphaeikyunifumetsudesu.2chblog.jp
vokka.jp
wadaitokimeki.blog.so-net.ne.jp
wanz-life.com
welq.jp
xn--18j3fta5k4a8e5mfl4mp325acjf.net
xn--18j3fta5k4a8e5mfl4mp325afy3bnjxc.asia
xn--u9j360k7sq6of.com
xn--y8jvczb405u6d7ap4ek21e.xyz
xn--zck3adi4kpbxc7d2131c340f.jp
yase.tech
yomemanners.com
yomidr.yomiuri.co.jp
yuusinavi.com
zaregoto.net
zutsu-raku.com

ちなみにこの記事を書いているPCは会社のものであり、仕事中につい読んでしまいそうなネタに溢れているサイトのドメインも登録しています。

twitter.jp なんてのも、アクセスしたい欲求に駆られてしまいますので、検索結果に表示されないように登録しています。

「検索結果から雑念を払う」

そうやってできる限り仕事に集中できるようにしないと、ついつい仕事をサボってしまう弱い人間なのですよ、自分は。

明治維新150年と120年ぶりの民法改正

150年かけて増えてきた人口が150年かけてもとにもどるということなんだろうなーと単純にそう思うだけなんですよ。

ただ明治維新の頃とか社会の年齢構成は全然違って、それはもうお年寄りばかりになってるのか?っていうと
そうでもないという気がする。

50年くらい未来までの人口推計はかなり正確らしいのだが、100年になると不確定要素が多すぎて信憑性がかなり低くなる。

例えば、お隣中国の深センなんて、この十数年でものすごく人口がふえているのだが、そういうことが50年後の日本で起こらないとは限りませんな。

あと明治維新は未だに続いているとういう言説をみました。

「改正民法施行日閣議決定 平成32年4月1日 未払い金の消滅時効統一など200項目」、日本の民法はそのほとんどが120年前につくられたものだそうです。

中小企業家しんぶんに「やさしく、役に立つ改正民法」という本を紹介している記事がありまして

「明治維新は完全に幕を下ろしたのではない。日本に真の近代化をもたらすために私たちの戦いはむしろこれから出発すると言うべきかもしれません」

と書かれていました。

さてさてこの先の150年で、日本は明治維新の前のような体制に戻るのか、それとも全く違った日本が産まれるのか、それを決めるのは今を生きる自分たちなのだと考えずにはいられません。

バージョンアップしたからよかったとは限らない

会社のニュースレターを作るときにLibreOfficeというアプリケーションを使っています。というか、いました。

このLibreOfficeが先日アップデートしたのですが、その結果…。
レイアウトがズレッズレ。文字もなんか半欠けしたりしてもうどうにもならん。

前のバージョンに戻すというのもアリなのですが、ここで戻してしまうのは結局訂正の先送りにしかなりません。

まだ締切のある今のうちに会社のパソコンに入っていたマイクロソフトさんのWordを使うことにしました。

まぁ高いソフトだけあっていたれりつくせりですが、操作方法に慣れるのに時間がかかりそうですな。

画像のアンカー設定とか、回り込み設定など、書式設定などを一から作り直しています。

ただwordもオンラインでバージョンアップを勝手にやったりするので、そのあたりがちょっと不安ですな。

自動更新とか、本当に大変だと思うのですよ。

40代で家を買う

年末調整の季節になりましたね。

金子商会の一人の社員さんから今年は住宅取得控除の書類が上がってきて、なんかいろいろめんどくさそうです。

それにしても、なんとなく嬉しくなってきますね。

「うちみたいな零細企業に勤めていても40代で一軒家を購入できるのだ。」と言えるわけですよ。

なんとなく経営者冥利につきます。

「いや、20代で家が建つくらいでないと駄目だ」という声も聞こえてきますけれども、自分も家を建てたのは48のときでしたし、まぁ40代であればいいんでないかなぁと思う次第です。

「ずっと30年ちかく一つの会社で働いてきたら、一軒家だって買えるんですよ。」

やっぱり経営者としてはそういう裏付けがあるとなんとなく自信が持てるわけですよ。

いまのままでいいのだろうか?

経営者としてまちがってるのではないだろうか?

日々、そういうことを悶々と思っているわけですけど、

「新車に買い換えました」とか、「結婚するので引っ越しします」とか、

そういうふうに報告してもらえると、「これでいいのだ」とバカボンのパパのようににこやかになれるわけです。

水道本管の材料

金子商会は「低層住宅向けの水道資材」を主力とした資材店です。

けれどもお客様であるところの水道工事店さんによっては本管工事と呼ばれる『上水道管』の敷設工事をされるところもあります。

下関市水道事業ビジョンによると長府浄水場は築後約70年が経過し、経年劣化がすすんでいるそうです。

切り替え・更新工事はこれから増えていくと思います。

フィンテック的な

先月からMoneytreeというのに登録して、取引のある銀行の口座の動きとかを自動的に転記できるようにしているのだが、なんかアレだ、パスワードが違うとかアカウントが違うとかでなかなかログインしてくれないのであった。

ツイッターアカウントでログインとか、フェイスブックIDでログインとか、法人だとなかなかそういうのはできないのである。

フィンテックの肝はやはり個人認証なんであろうなぁと強く感じる。

ログインパスワードとか

実行パスワードとか

実行確認パスワードとか

やたらとセキュリティーが複雑なのである。

 

ただ、この複雑さ、人間にとってわかりにくいだけであって、ボットやAIにはあんまり関係ないような気がする。

ブロックチェーンがもちっと使えるようになるとこのあたりの電子証明のありかたもガラッと変わるんだろうなって思う。

 

ブロックチェーンは21世紀のアガスティアの葉となるのだろうか?